外壁のひび割れの対処法

意外と知らない 外壁塗装のきほん
Home » 外壁塗装のいろは » 外壁のひび割れの対処法
外壁塗装のいろは | 06月25日更新

外壁のひび割れの対処法

外壁についてどうしても経年劣化によってひび割れが生じてきてしまう可能性があります。
外壁のひび割れに気づいたら対処を行う必要があります。
ではどういった対処法があげられるのでしょうか。

まず実は外壁のひび割れには種類があります。
塗膜に発生するものと外壁材にできたひび割れがあります。
そしてまるで髪の毛のような細いひび割れをヘアークラックと呼びます。
ヘアークラックは経年劣化だけでなく施工に起因するケースもあります。

また外壁材の乾燥過程によって発生するひび割れである乾燥クラックがあります。
幅の狭いひび割れであり乾燥過程の水分の蒸発が原因になって発生します。
また建物の構造的に欠陥がある場合、建物の不同沈下などによって発生してしまうひび割れは構造クラック、新旧の塗り次面において発生する縁切りクラックなどがあります。

ひび割れの補修についてですが、ひび割れの幅が1mm以上になってきたり、またひび割れ部分に段差が発生したりするとなると補修をする必要があるのですが、外壁表面だけでなく下地、また建物の構造部分を調べる必要があります。
ひび割れが建物の構造に起因しているケースがあるからなんですね。

またひび割れの幅が3mm以上になってきますと、今すぐにでも補修をしなければいけません。
建物内部に対して水分が浸透していってしまう可能性が高くなります。
この場合は専門家への相談も必要となります。
早急な対応が必要です。

業者に対してひび割れの対処を依頼する場合には、状況によって治し方を変えなければいけません。
ですので悪徳な業者にあたってしまわないように、どのような工法で行うのか確認をしておく必要があります。
ひび割れ時の工法としましては、ひび割れの線にそって電動工具を使用して溝を掘ります。
そしてシーリング材を使用して埋めていきます。
フィラー塗布を行って、デコボコの処理をします。
そして塗料を塗布して外壁塗装を行うという工程となっています。

top