~下塗り 中塗り 仕上げ塗り~ 外壁塗装の基本的な工程

意外と知らない 外壁塗装のきほん
Home » 外壁塗装のいろは » ~下塗り 中塗り 仕上げ塗り~ 外壁塗装の基本的な工程
外壁塗装のいろは | 06月25日更新

~下塗り 中塗り 仕上げ塗り~ 外壁塗装の基本的な工程

家の外壁の塗装において基本的な工程にはどういった工程があるのでしょうか。
実は外壁塗装はたった1回塗って終わりというわけではありません。
何度か重ねて塗る重ね塗りをすることによって外壁塗装は完成するのです。
その工程として下塗り、中塗り、仕上げ塗りがあります。
この3回の重ね塗りは必ず行う必要がある基本的な工程となっています。

ですが中には悪徳な塗装業者もいます。
悪徳である塗装業者は非常に安い見積価格を提示しておいて、3回塗りは行わないという悪質な工事を行うのです。
ですので下塗り、中塗り、仕上げ塗りといった3回の重ね塗りの工程を行っていない業者は要注意となります。
この3回の重ね塗りを行わなければ、塗装がすぐに剥げてきてしまう原因となってしまいます。
塗料が優れているため3回塗らなくても大丈夫、といったような言い分をしてくる業者も中にはありますが、信用しないほうがいいです。
必ずこの工程は必要なのですから、必ず3回の工程は行ってもらうようにしましょう。

外壁塗装については確かにお金のかかるものではありますが、安ければいいというわけではありません。
安さにつられて外壁塗装を行ったとしても結果的にすぐに塗装がはげてきてしまって、短期間の間にまた塗装をしなくてはいけなくなってしまう可能性があります。
ですからお金についてケチりすぎて悪徳業者に引っかかってしまうことがないように、ある程度のお金は支払う必要があるということを知っておいてください。

また行う工程についてもしっかりと確認を行いましょう。
基本的な工程としてはどの業者であっても行わなければいけないことは決まっています。
ですのでどういった工程で行うのか、その工程の内容について確認をするようにしましょう。
そして疑問に思うことがあったら契約はせずに他の信頼できる業者に変えるということも大切です。
信頼することができるような優良業者もたくさんいますから、必ず基本工程を確認したうえで業者に依頼しましょう。

top